Follow us on Pinterest   Like us on Facebook   Watch videos and subscribe on YouTube
Click here for International Instructions

浮遊時間を長くするためのアドバイス

通常の状態では、風船の浮遊時間は、スーパーハイフロートを使用した場合には10倍、ウルトラハイフロートを使用した場合に
は25倍になります。冬など湿度が低い場合は、浮遊時間が最も長くなります。温度と湿度の高い夏には、ハイフロートで処理し
た風船の浮遊時間は冬の半分になるのが普通です。浮遊時間を長くするために次の9つの点にご注意ください:
ウルトラハイフロートを使用します
すべての天候で、浮遊時間がスーパーハイフロートを使用した場合の2倍になります。
ハイフロートは指示された量をすべて注入します。
ハイフロートの量が少ないと浮遊時間が短くなります. 説明はここをクリックし
てください。
風船は完全に膨らませます
風船は膨らませると真っ直ぐに浮上します。片側に傾いたり、浮上しない場合は、風船の
膨らませ方が足りないことが考えられます。風船は、膨らませた後しばらくは浮力があま
りありませんが、数時間で乾燥すると浮力が増加します。
ハイフロートで処理した風船の最適温度は 22℃ ~ 26℃ です
暑い天候では、始めの数時間は風船をエアコンのきいた場所に置いて、風船が早く乾燥す
るようにします。寒い天候では、始めの数時間は風船を暖房のきいた場所に置きます。ハ
イフロートは乾燥しないとヘリウムを内側に閉じ込める効果がありません。
雨の場合は、ハイフロートで処理した風船を膨らませる際には、暖房またはエアコ
ンを付けます

湿度が高い場所で風船を膨らませると、浮遊時間が著しく短くなります。除湿機を使用し
て湿度を下げて、この問題を解決することもできます。
風船を直射日光に当てると浮遊時間が短くなります。
風船を搬送する際には、特別換気されたハイフロート風船搬送バッグをお使いくだ
さい

風船をバッグに入れておける時間は最長30分です。風船を暑い自動車やバンの中に置か
ないでください。まず、エアコンを付けてください。
パールカラーやメタリックカラーの風船の浮遊時間は通常の色付き風船の浮遊時
間よりも約3分の1短くなります。

浮遊時間をできるだけ長くしたい場合は、パールカラーやメタリックカラーの風船は使用
しないでください。また、ハート型や Geo Blossom®(花びら形状)、
Geo Donut® (ドーナツ型)の風船の浮遊時間は、普通の形の風船より大幅に
短くなります。これらの風船の処理方法についてはここをクリックしてください。
風船は手で締めます。